近視回復方法 レーシック医院を比較

レーシック手術を受ける病院探し

近視の治療方法としてレーシック手術を選択する場合は、まずレーシック手術を行うことが出来る病院を探すことと、お金を用意する必要があります。
手術にかかる費用は10万円から30万円前後ですが、近視は病気という訳ではないので健康保険の適用は受けられず全額自己負担です。
手術ができる病院自体は増えているので病院を探すこと自体は難しくありませんが、どこでも良いのかといえばそうとは言えません。
眼を直接いじるのですから経験と実績のある病院で、術後のケアもしてくれる所のほうが安全です。
レーシック手術自体は失敗をするということは稀なのですが、手術後に角膜の調整が上手く行っていないことがあり近視が緩和していなかったり、見え方に問題が出てくることや感染症などを発症する可能性があるので、手術後のケアがあるのとないのとではその後の眼の健康に大きな差が出てきます。
一番心配なのは失明という最悪の事態ですが、現在までレーシック手術自体で失明したという実例はありません。
但し手術と言えど眼球に傷を入れることには変わりがなく、手術後のトラブルも発生しやすいので少々費用がかさんでしまいますがアフターケアの体制が整っている病院で手術をすることを強く推奨します。
つわりを和らげるサプリメント
つわり対策・和らげるサプリメントはコレ!

予約から手術まで

レーシック手術を受けるには、まず手術が行える病院を探します。
病院選びはレーシック手術の経験が多い医師がいる所が望ましいので、事前に情報を調べておきましょう。
病院が決まったら予約をします。
この予約は手術の予約ではなくレーシック手術が行えるかどうかを判断する適応検査の予約です。
これは必ず行わなければならないので手術を行う第一段階と考えて差し支えありません。
適応検査の日程が決まったら、病院側と決めた時間に遅れない様に行きます。
検査する項目は角膜の厚さや網膜の厚さに加え、病気がないかどうかをで、問題がなければ手術が出来ますがすぐに行うのではなく、レーシックがどういうものか、どういうリスクがあるのかの説明があるのでよく聞いて良く考えてみて下さい。
回答まで数日から一週間程度の時間が設けられることが多いので、リスクを承知の上で手術を受けるのなら病院と相談して手術する日を決めます。
手術当日にもう一度適応検査をして、異常が見つからなければ手術が始まります。
手術日には時間に余裕をもって病院に行くようにして下さい。
遅刻した場合は理由問わず手術を拒否され、受けられないこともあるので遅刻は絶対にしないようにして下さい。

適応検査

レーシック手術は誰でも受けられると言うものではなく、手術が可能な人と不可能な人が存在します。
眼の状態は個人差があるので、手術が出来るかどうかを判断するために最初に検査を行います。
検査される項目は多く、緑内障、網膜、角膜がとらえた光がどれだけ屈折するか、角膜の形、角膜の深層にある細胞検査、瞳孔の大きさ、角膜の厚さ、結膜や水晶体の状態等を確認します。
近視改善の為にレーシックを受ける場合はすべての項目をパスしなければならず、1つでも引っ掛かった場合は手術を受けられないので状態が改善する処置を行いますが、近視の人は網膜が薄くなると言う傾向があり、強制にコンタクトレンズを使用している場合は角膜が角膜が薄くなることがあるのでこの2つの項目で引っ掛かる人が多い様です。
角膜の表層は自己再生能力があるのでコンタクトレンズを外せば元通りになりますが、もともと角膜が薄かったり、網膜が薄くなってしまっている人は手術を受けることが難しくなります。
角膜が薄い場合はイントラレーシックと言われる方法で手術が可能な場合もありますが、網膜が薄い場合はどうすることもできないのでほかの手段を考えなければなりません。
適応検査にパスすれば手術の日取りが決められ、手術日を待つことになります。

手術後の定期検査

レーシック手術は手術が成功すればそれで終わりと言う訳ではなく、その後のコントロールが必要になってきます。
もし怠れば近視が再発したり手術した角膜に異常を来してしまうことがあるので必ず行わなければなりません。
基本的には病院で定期的に検診をして状態を確認していくことになるのですが、手術してすぐは検診をこまめにする必要があるので次の日、一週間後、一か月後と集中して行います。
その後は3か月ごとに検診を行い、手術から半年程度は検診を受けることになりますが、病院によっては数年先まで検診をする所もあります。
普段の生活も少々制限が加わり、角膜の一部をめくっているので眼に衝撃を加えるとめくった部分が剥がれてしまうことがあるので目をこすったり、強い衝撃を受けることを避けなければなりません。
また、内服薬や点眼薬を服用して炎症や合併症への対策もしなければならず、安定するまでは手術をした眼へのケアをしながら生活をしていくことになります。
更に近視が無くなったからとは言え、強引に調節できるようにしているだけなので目を酷使すれば元に戻ることもありますし、経年によりまた近視が再発することもあります。
手術による見え方の変化は劇的なものがありますが、眼に傷を入れるのですから、それ相応の代償が必要な方法なのです。

再手術が出来る人と出来ない人

レーシック手術にはいくつかのリスクが存在しますが、その中には手術後の見え方に問題があり、近視とはまた違う形で生活に支障が出るということもあります。
角膜が適切に削られないと、眼から入った光が正常な形に見えるように入ってこなかったり、乱視になってしまう場合があるのです。
この他にも角膜が再生することで厚みを帯びてしまい近視を再発してしまうことがあります。
角膜は本来再生ができない細胞ですが、空気に触れている表層だけは再生能力を持っています。
その為削られた表層は削られたことにより分厚くなろうとして以前より厚くなり、レーシック手術の効果が打ち消されてしまうのです。
こういった場合は適切に見えるように再手術をしなければなりませんが、再手術が出来るかどうかは眼の状態次第です。
基本的には角膜の厚さがあればよいのですが、再生可能な表層ではなく再生が出来ない深層の細胞が手術で削っても問題がない程残っていれば何度でも可能ですが、残っている角膜が薄くそれ以上削れない場合は近視が改善していなかったり手術による後遺症があったとしても再手術はできません。
それ以上角膜を削ることは失明を意味するのでほかの手段での回復を考えることになります。

手術後のコントロール

レーシック手術が無事に終了すると、1時間程度の休憩の後に医師による診断を受けて状態が良い様ならそのまま家に帰ることが出来ます。
但し角膜が傷付いている状態なので、眼を保護するために専用の保護用ゴーグルをつけなければなりません。
つける期間は病院によって違いがあるようですが、短くて次の日まで、長くても一週間程度です。
手術が終わった当日はお風呂に入ることは出来ず、お酒を飲むこともタバコを吸うことも禁じられます。
また、寝ている間に目をこすったりすることを防ぐために寝るときには就寝用の保護パッチもしなくてはなりません。
形状は眼帯そのもので、これは1週間から2週間ほどつけておく必要があります。
翌日は必ず手術を受けた病院へ行き検診を受けます。
ここで視力に問題があれば医師に相談して解決策を探ることになりますが、レーシックは視力が安定するまである程度時間がかかるので焦る必要はありません。
その後は一週間、一か月と定期健診をしながら目の様子を見守っていくことになりますが、近視の改善が出来たとしても目の酷使を続ければ数年で視力が低下していくので、仕事等でモニタ類を見ることが多い場合は定期的に眼を休ませる等をして視力を維持する努力も必要です。
時間が経つにつれ手術の効果は薄くなっていきますが、眼の状態をコントロールして行けば生活に支障が出ないレベルの視力を長期間維持することも可能です。

近視について
近視と人間
近視になる原因は?
近視の種類
近視ではない人でも近視になっている
ブルーライト
ブルーライトを防ぐには
偽近視
「視力回復法」にご用心
通信販売で買える近視治療器具?
近視トレーニング法は効果があるのか
トレーニング機器は効果があるのか
レーシックで起こるトラブル
レーシックは安全ではない
角膜拡張症
サハラ砂漠症候群
ステロイド緑内障
ドライアイ
ハロ・グレア現象
過矯正
角膜混濁
感染症
不正乱視
レーシック集団感染事件から知るリスク
レーシックについて
レーシック手術中の痛み
手術後の痛み
レーシック手術で失明する可能性
レーシック手術とは何なのか
レーシック手術は医療費控除の対象になる
医療保険の利用
レーシック手術で行う事
レーシック以外の治療方法
レーシック不適合になってしまったら
近視の治療方法
眼に傷を入れない近視治療
近視治療手術の種類
治療をしないと言う選択
オルソケラソロジーで近視を治す
近視を治す方法のあれこれ
近視治療とリスク
網膜剥離後のレーシック
目薬で近視緩和
良い病院の探し方
本やモニタを見るときは
暗い部屋は厳禁
椅子や机は意外と大事
子供の近視
睡眠不足の恐怖
病院選びは慎重に
モニタの調整
コンタクトレンズで近視矯正
コンタクトレンズの注意点
近視?老眼?
病院を見極めろ!症例数の把握
近視度数の測り方
安全な近視矯正